So-net無料ブログ作成
検索選択

月島~もつ煮込み屋のメニュー”バージョン”とは? [飲食店]

<登場人物> さまぁ~ず 大江麻理子 女店主 おじさん

<場所> 月島


月島の通りを歩く3人。
その脇をおじさんが通り抜けて行く。

おじさん 「早く帰ろう!サンマが不味い!」

三村 「サンマが不味い?」
大竹 「サンマが・・・」
大江 「サンマが不味い?」
三村 「何か毒づいて帰ってったけど・・・」
大竹 「早くかえろう!って言って」
三村 「あはははは」

そのおじさんが出て来た路地に店が・・・

大竹 「えっ、この店何だ?」
大江 「いいですね~夕方から出来上がってる」
大竹 「どうも!」
三村 「今の泥酔した人、お客さんですか?」
店の客 「あははははは」
大竹 「あのオジサン、もの凄く毒づいてましたけど・・・」
大江 「あははは」
店主 「色んなお客がいますから、ウチは」
大竹 「サンマ・・・食べてったんですか今?」
店主 「サンマ?サンマ食べない。カレイか何か・・・」

大竹 「何屋さんですか、これ?・・・もつ煮」
店主 「もつ煮込み屋です」
三村 「いいですねぇ~・・・この・・・路地で」
大江 「いい匂いがしますね~」
大竹 「ちょっと、頂いちゃってもいいのかなぁ」
三村 「いいのかな?」
大江 「もんじゃ・・・じゃないですからね」

この日の月島のロケでは、もんじゃはNG。

三村 「そうだよね!食っていいんだよね!」
大江 「いいんじゃないですか」
大竹 「そうです」

3人はここで月島に来てから最初の食事をすることに・・・


気になるメニュー「バージョン」とは?


店主 「当店はねぇ~和牛のもつです」
大竹 「へぇ~」
三村 「おぉ~」
店主 「これ、国産牛のもつ!」
大竹 「これ、種類が3つ違うけど・・・」

店主 「これがフワ!」
大竹 「フワ」
大江 「フワ?」
店主 「ナンコツ」
大竹 「ナンコツ」
店主 「ナンコツっちゅうのは、のどぼとけ」
大竹 「はい」
大江 「フワは?」
店主 「フワっちゅうのは、牛の肺」
大江 「肺?」
大竹 「じゃ、これは?」
店主 「腸!」
大竹 大江 「腸!?」

大竹 「ただ、あの~・・・一個気になるんですけど・・・」
    「煮込みのね、並びの最後に”バージョン”って書いてある」

店主 「バージョンっていうのは・・・」
大竹 「バージョンって何ですか?」
三村 「あははははっ」

店主 「それ、それに煮豆腐と煮玉子が入って・・・」
    「5種類でバージョンで・・・500円!」

大竹 「何でバージョンって言うんですか?」

店主 「知らないわよ!付けてくれたの昔!」

一同 「あはははははっ・・・」

大竹 「知らずに?」


三村 「普通はカレーバージョンとか・・・」
大竹 「玉子バージョンとか・・・」
三村 「使うよね」
大竹 「そのバージョンのとこだけ取ったんだよね」
三村 「色んなものを組み合わせることを・・・バージョンと?」
大竹 「色んなものバージョンだね」
三村 「本当は・・・」
大江 「アラカルトとか、そういうこと・・・」
三村 「アラカルト?だって・・・」


大竹 「ここのお店の名前は何て?”元気”?」
三村 「このお店は・・・”元気”」
店主 「ウチはねぇ、”牛もつ元気”って・・・」
    「ウチのこのもつを食べて元気になろう!つって・・・」
    「元気って付けたの」

大竹 「だから、元気バージョンですよ、コレ!」
三村 「そうだ!」
大竹 「そうだよね」

店主 「あぁ~そう言えば・・・じゃ、今度直しとくよ」

大竹 「いや、大丈夫!」

一同 「あはははははっ」

三村 「もう常連の人はバージョンで分かってる」
大竹 「そうそう」
大江 「これがいいんですよ」

三村 「面白れえな~あの字ズラ・・・バージョン」
店主 「お客さんが付けてくれたんだ」
大江 「へぇ~」「じゃあ、頂きますよ」
大竹 「お客様は大事バージョンだな」

何でも「バージョン」にしたがる大竹と三村



大江 「七味ありますよ、七味」
三村 「これ七味?」
店主 「一味!」
大江 「一味?」
三村 「一味がいいんだ」
店主 「七味じゃなくて全部一味!・・・もつは」
大江 「あ~あ」
三村 「よし」

大竹 「じゃ、俺も一味バージョンでいっちゃおうかな」

三村 「そういう使い方じゃないから」
大竹 「これはバージョンじゃないね」


大竹 「煮玉子ってちょっと魅力的だね」
三村 「煮玉子も食いたいな」
三村 「じゃあ、お前バージョンもらえば?」
大竹 「バージョンもらおうかな、バージョン」
店主 「じゃ、これバージョンにするね」

大竹の皿をバージョンに変更する店主。

大江 「私もバージョンに♪」
三村 「全員バージョンにするから!」
店主 「あら!残念ながら豆腐一個足らないなぁ」

三村 「ああ・・・じゃあ、豆腐無いバージョンでもいい!」

大竹 「豆腐無いバージョンでね」
店主 「豆腐無いバージョン?」

店主 「じゃ、お姉さん豆腐入れてあげる」
大江 「あ~、ありがとうございます」
大竹 「豆腐入りバージョンだな」
三村 「俺、玉子バージョン」
店主 「お兄さんは玉子ね」
大江 「はいはい」
店主 「そうしましょう、仲良くね」


大竹 「じゃ、いただくバージョンで」
    「ちょっと頂いちゃいますから」
三村 「頂いちゃえバージョンで」

もつを頬張る大竹。

三村 「コリコリしてんな」
大竹 「うん」
店主 「美味しいでしょ」
大竹 「美味い!」

三村と大江も食べる。

大江 「う~ん」
三村 「うまい」
大竹 「うん、うまいバージョンだな」
三村 「うまいバージョンだ・・・うまいバージョン!」


食事を終えて店を出る3人

三村 「やあ~、お腹いっぱいバージョンだ」
大竹 「やあ~、お腹いっぱいバージョンだな、これは」
大江 「本当ですね~」



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ピラティス・メソッド

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。